新しい環境で感じるストレスは適応障害|メンタルヘルス解体書

こうなる前に!!

►新着情報

軽い鬱の症状

辛そうな男性

職場や生活環境の変化によって適応障害になります。かるいうつ病の症状と似ています。適応障害がひどくなることでうつ病になることも考えられるので自己診断をして判断しましょう。

▼内容はコチラ

うつ病と適応障害の違い

メガネの男性

何となく、やる気が出なくて元気がないことや何もかも悲観的な考え方になってしまって積極的に行動できないことやつい暴言を言ってしまって後悔しているなどを思ったことがあるでしょう。
このような考え方をしている場合、適応障害と言った病気になっている可能性を考えられます。
人は生きていく上でいろいろな考え方を得ることができ、性格なども変わっていきます。昔はおとなしくしていた人が積極的に行動するようになったことやその反対もあります。
積極的な性格だった人が突然に静かになったなどの症状が見られる病気で代表的なのが、認知症やうつ病になります。これらの病気は、日本でも多くの人が知っているくらい社会問題として取り上げられました。認知症なども高齢者に多く発症する病気でアルツハイマー型認知症などがあります。
うつ病は、精神的な病気として考えられていましたが、最近では、脳の神経伝達物質の異常ということがわかっています。
しかし、これに当てはまらないのが適応障害になります。
適応障害は、最近、若い世代に多く見られる障害になっています。
初めは、会社や学校に行きたくない、あの人に会いたくない、病気になるのが怖いなどの、多くの人が悩んでいる些細なことを言います。ですが進行することで吐き気や頭痛う、腹痛などの身体にも影響をきたします。適応障害は、本人でさえも気づくことがなく、周りにいる人も気づくことが難しいです。そして知らず知らずに進行し、悪化しているのが、この病気の特徴になります。

うつ病と適応障害の区別はとても難しいです。専門医によって、診断に違いが出ることがあります。しかし、この二つの病気は、異なる点がいくつもあり、それを理解しておくことが治療に役立てることになるでしょう。
うつ病も適応障害も、ストレスを感じることで発症します。現代社会において、ストレスは、どこにでもあり、いつでも感じます。多かれ少なかれ、人間は、ストレスを上手く生活を送ることが大切になります。しかし、上手くストレスを解消、発散している人もいれば、消化、発散できず、心の負担として抱え込んでしまう人もいます。これが、うつ病や適応障害の原因になるのです。

►新着情報

ストレスを見つけ出す

医者

適応障害はうつ病と似ています。ストレスを感じることで発症します。ですが、違いがあり、それらを知っておくことで治療にも役立てることができます。また、ストレスを上手く見つけることで適応障害の対策取ることが可能です。

▼内容はコチラ

新しい環境に順応する

診察

適応障害になるときには、新しい環境に上手く馴染めていないことが考えられます。環境に慣れることで元気に生活を送ることができます。しかし、深刻な場合には、精神科や専門クリニックを受診してカウンセリングや心理治療法等を行ってもらうことが大切です。

▼内容はコチラ

五感を使って解消

困った女性18:31 2015/08/18

適応障害は独身の女性に多く見られます。それは、女性特有の生活環境があるからです。いろいろなストレスを解消するためには、五感を使った方法で解消することが大切です。

▼内容はコチラ