新しい環境で感じるストレスは適応障害|メンタルヘルス解体書

五感を使って解消

困った女性18:31 2015/08/18

適応障害は、独身の女性に多く見られるメンタル的な病気になります。適応障害は、日常的なストレスや環境の変化によって不安や絶望感、無気力、神経過敏などの精神症状が現れます。
この障害は、うつ病の初期段階といっても過言ではありません。
独身の女性に適応障害が多く見られる理由として、女性特有の生活環境があります。出産のタイムリミットを意識することや働いても給料が男性よりも少ないことなどの結婚や経済的な部分を考えることで不安が大きくなります。また、いつも人に見られて美しく、可愛くいたいといった気持ちで周囲の目を気にするなどの無意識な感情でストレスを感じる状態が増えているのです。

適応障害を克服するためには、自分がストレスを感じていることを自覚することが大切になります。何となく体調が悪い時や気持ちが落ちている時には、誰にだってあることです。ですが、そうなると問題を簡単に見てしまうので、自分はもしかしたら、適応障害にかかっていると疑ってみましょう。そうすることで不調を自覚することができ、対処法を導き出すことにつながります。

ストレスを自覚することができると、つぎやストレスの原因が何なのかを知ることが大切になります。ストレスは、身体から自然に出てくるものではなく、自分の生活している環境によって何らかの原因があることがストレスになります。
ストレスは人によって様々で、人がストレスに感じることが他の人には、ストレスとは感じないこともあります。暑い、寒いといったこともストレスの原因となりますし、タバコの煙が嫌いな人は煙がストレスになります。仕事や家族の問題もストレスと感じることが多くあるので、明確にしていきましょう。そして、対策案を考えて見ることが大切です。このときには、一人で考えるよりも精神科や専門クリニックで受診し、相談することで効率よく考えることができるでしょう。

場合によっては、解決することが出来ない問題もあります。そういった時には、五感を使ってストレスを回避することができます。ストレスの根本的な問題は置いておき、ストレスを違った方法で軽減することが可能です。
その方法には、視覚を使ってよい景色や好きな映画、好きな動物などを見ることや聴覚を使って好きな音楽やリラックス効果もある音楽を聞く、味覚を使って好きな食べ物を食べる、嗅覚を使って、アロマやハーブ、香水などのリラックス効果のあるものを嗅ぐことで気持ちを楽にすることができます。また、触覚でマッサージやエステなどに行くことや温泉などで身体の疲れを癒すなどを行なうことで溜まっていたストレスを軽減する効果があります。五感を上手く活用してストレスを解消しましょう。