新しい環境で感じるストレスは適応障害|メンタルヘルス解体書

軽い鬱の症状

辛そうな男性

職場や生活環境により精神的ストレスが貯まってしまうと、うつ病という病気に掛かってしまいます。会社の成績が伸びずに上司に目を付けられ大きなプレッシャーとなり、自身を追い詰めてしまうと大きなストレスとなって貯めこんでしまいます。精神的ストレスを解消しなければ、更に悪循環となって自身を苦しめてしまうのです。中でも、適応障害といううつ病の種類では、こういった社会や学校における業績や業績が問題となっていることが多い障害です。適応障害によって起こる症状として、精神状態が不安定で、神経質や心配性になったり、小さな物事にも過敏になったりしてしまいます。そのため、些細な事でさえ自身のストレスとして貯めこんでしまうという結果に陥ってしまうのです。また、鬱の症状として、沈んだ気分が続く、涙もろくなる、急な絶望感に陥るといった症状に陥るようになってしまいます。このような状態では、仕事にも集中することが出来ずに思うような成果を得ることが出来ません。

鬱の症状に似た適応障害では、新卒から就職をする人に多く見られる症状になります。短期間でうつ病になりうる適応障害は、大きな環境の変化が原因としてあげられるのです。
例として大学生が卒業をして新社会人として就職をします。そうすると想像していた姿とのギャップがひどく、会社に行くことで不調になります。そうなると適応障害になり、それが進行していくことでうつ病へと移り変わります。
大学生に多く見られる傾向として、内定が決まって、卒業までに時間がある場合は、学生時代を楽しく過ごして最高の思い出つくりをします。そして卒業間際には、卒業旅行に行くこともあるでしょう。それから就職することで、生活が大きく変化します。この大きな変化は、劇的に変化することもり、そうなるとうつ病に成りかねないです。
こういった危険性もあるので、適応障害のときに、無理をせず、精神科や専門クリニックを受診することが大切になります。また、就職した会社がメンタルヘルス体制を整えていることもあります。そういた場合には、不安やストレスを感じているときにメンタルヘルスでカウンセリングなどを受けることができます。
最近では、事故診断をすることができる簡単なテストの様なものもあります。インターネットで調べることで、自分が適応障害であるのかを知ることもできます。診断をしてみて、適応障害やうつ病の傾向が見られるのであれば、すぐに専門クリニックを受診しましょう。